うつペディア

みんなで情報をあつめるという特性上、情報の正確性は保証できません

Revised on 2012年07月25日(水) 22時08分33秒 +0900 by <Unknown>
「U2plus」サービス移管のお知らせ

うつ病とセックス

セックスの前に

鬱だからといってセックスが出来ないわけではない。自分の体調と相談して自分が体調良いなと思えたら、セックスしてみよう。体調が悪い時に無理にセックスをするとそれもストレスとなり、反って病状が悪化する可能性もある。自分の体調と相談してチャレンジするとよい。とはいえ、うつ病患者がうつ病になる前と同様にセックスを楽しむことはそう簡単ではない。うつ病患者の多くは性欲減退という症状を抱えている。いつも通りにチャレンジしてみたけど出来なかった…、出来なかったことで自信喪失してしまった…、セックスするのが怖くなった…その結果、パートナーとの関係が微妙になってしまった…。そんな悲しいことが起こる前に、うつ病患者とパートナー双方がうつ病の症状について理解し、二人で楽しめるように工夫してみるといいかもしれない。二人で話し合った結果、セックスはしない、という結論でも良いかもしれない。双方が状況を理解した上で工夫・努力するなり、セックス以外の愛情表現の方法をとるなり、ともに考え判断することで、お互いの関係も深まるだろう。なお、うつ病患者とパートナー双方がセックスの前に理解しておくとよい事項は以下。


  • うつ病の症状として、男女問わず、性欲減退というものがある
  • 男性の場合は勃起困難、女性の場合は濡れないといった症状がある場合もある
  • 妊娠した場合、それまでの投薬治療を継続できない可能性があるため、万が一を避けるために避妊を心がける必要がある(妊娠を望む場合は、妊娠中でも服用できる抗うつ薬などもあるので、事前に医師に相談しておくとよい)
  • うつ病の初期・中期の場合は体力が減退しており、激しい運動は辛い

こうしたうつ病患者の症状は、うつ病患者自身にとって、パートナーへの後ろめたさを感じさせてしまい、よりパートナーとのセックスを避けようとさせてしまうかもしれない。もしくは、無理にでもパートナーの希望に合わせてしまい、愛を深める行為のはずが自身に大きなストレスをもたらしてしまうかもしれない。パートナーも誘うことを怖がってしまい、誘えなくなることもあるかもしれない。しかし、うつ病であろうとなかろうと、パートナーとの愛情を確認したいという気持ちは性欲の云々に関わらず本能的なものであり、大切なものである。お互いが状況を理解して、創意工夫を行うことで、今までどおりのセックスはできないかもしれないが、別の形で2人が満足できる方法を見つけられるかもしれないので、是非挑戦してみて欲しい。

よくある困ること

  • パートナーに誘われたが、性欲が出ない
    パートナーに誘われたが、性欲が出ず、セックスをする気になれない。相手の期待に応えられないことで罪悪感を感じたり、嫌われるのが怖くて気持ちが乗らないのに応えてしまうことでストレスを貯めてしまう。

  • オーガズムがなくなった
    女性の場合、セックス自体は行えるものの、オーガズムを感じなくなることがある。男性の自信を損なうのでないかと女性側が気を病んだり、男性側もセックスに対して徐々に後ろ向きになる可能性がある。

  • 性的に反応できない
    いざセックスをしようと試みても、勃起しない、濡れないといったことが起こり、セックスが行えない。相手の期待に応えられないことでショックを受けたり、罪悪感を感じてしまう場合がある。

工夫できること

  • 肌で触れ合う時間だと思って楽しむ
    セックスだと構え過ぎず、お互いの肌をくっつけあい、体温を感じ、それを楽しむ時間だと考える。射精やオーガズムがなくても、ゆっくりと愛撫を楽しむことで愛情を深められる。

  • 激しい運動を伴わない方法をとる
    ポリネシアンセックスなど、激しい運動を伴わないセックスの方法もある。2人で新しい形のセックスに挑戦してみると、気負わずに楽しめるかもしれない。

  • 道具に頼る
    ドラッグストアで販売されているゼリーやローションで潤滑を良くする、下着を工夫したりアダルトビデオを利用して雰囲気作りをしてみる等。市販されている道具を使って工夫することもできる。

うつ病とセックスに関する体験談はこちら

上へ