うつペディア

みんなで情報をあつめるという特性上、情報の正確性は保証できません

Revised on 2012年07月29日(日) 16時29分12秒 +0900 by <Unknown>

うつ病とデート

うつ病初期

うつ病発病前後は精神的・身体的に症状が強く出ており、いわゆる「デートらしいデート」は辛い時期。デートをするときは家や静かな公園など静かで人が少ないところを選ぶと良い。うつ病初期の頃は症状が重く、恋人であろうと会うことに躊躇することが多く、1人で過ごそうとする場合が多いが、重い症状の中にある「孤独感」を癒してくれるのは家族や恋人など信頼できる人の愛情であることも事実である。カミングアウトできる関係であれば、恋人に甘えてみよう。

  • 1人暮らしの場合は家デート
    家に恋人に来てもらい、頼れるようであれば買い物や料理、ちょっとした家事などを恋人にお願いしてみよう。うつ病の初期は体力気力ともになく、特に孤独感を強く感じるときなので、ただ傍にいてもらえるだけで安心感を得られる。

  • 静かな店で食事
    うつ病の初期は食事を取れなくなる人もいる。家族がいる場合はよいが、そうでない場合は栄養不足に陥りがち。デートというより、栄養をとる、食事をする機会を作るという名目で恋人と会う時間を作ると構えずに済む。

  • 河原や公園を散歩
    歩けるようなら、少し散歩をするのもよい。うつ病初期はどうしても人が多いところに行くのは辛いもの。静かなところでゆっくり恋人と歩いてみると気分転換になるかも。

うつ病初期のデート体験談はこちら

うつ病中期

うつ病中期は精神的・身体的な症状はややおさまってきて、軽い運動や近所への外出などが行えるようになる。まだ元々生活していた社会に戻っていくだけの気力・体力は十分ではないので、そのためのリハビリ期間として過ごすとことを薦める医師が多い。友達と会う、人が多い街へ出かける、趣味を見つける、近場に旅行に行ってみるなど、徐々に活動の範囲を広げてみよう。

  • 近所を散歩
    外出できるようになってきたけれど、電車やバスに乗るのはまだ少し辛い時期。近所をゆっくり散歩して、2人でまったりした時間を過ごしてみると落ち着けるかも。

  • 少し大きな街へ出かけてみる
    うつ病中期の段階で少し大きな街に出かけるのは1つのチャレンジである。電車移動や少し人ごみを歩くだけで気分が悪くなってしまうかもしれない。辛くなったら恋人に辛いと告げて帰宅するなり、人が少ないところに逃げ込もう。だが、体調の回復具合と相談しながら2度目、3度目と繰り返すうちにだんだん慣れてきて、平気になるので、リハビリと考えて挑戦してみるのもよい。

  • 映画を見に行ってみる
    映画を1本見るのは、うつ病患者にとっては結構負担のかかる作業である。ただ、この映画を見るという行為も集中力を回復させるリハビリになるので、出来るだけ興味のあるタイトルを選んで、たまに見に行くようにしてみるとよい。1本夢中で見れた時には恋人に褒めてもらおう。

  • 国内旅行に行ってみる
    刺激の強い海外旅行はまだ難しいかもしれないが、1泊~2泊程度の国内旅行であれば、楽しめることもできるので、体調や交通機関との相性と相談して旅行にチャレンジしてみてもよい。温泉やリゾート地でゆっくり過ごすとリラックスできる。体調が不安定になることもあるので、頓服は少し多めに持っていくと安心。

  • 少し良いレストランにいく
    うつ病中期になってくると、食事量も少しずつ増えてきて、また外出の機会も少しずつ増えてきている頃。家で過ごす時間が多くてお洒落をする機会も減っていると思われるので、たまには少しお洒落をして、美味しいものを食べに行くと気分転換になり、デートらしさも味わえる。

うつ病中期のデート体験談はこちら

うつ病後期 (回復期)

うつ病後期(回復期)は、気力や体力も戻りつつあり、活動範囲も広くなる傾向があると思われる。また、復学や復職などもとの生活に戻る具体的な措置をとったり、転職や進学など新しいことを始める準備を始める時期でもある。一方で、回復期はうつ病の症状が再発しやすい危険な時期でもある。私生活で社会復帰や新しいことに挑戦している場合は、デートではリラックスして息抜きできるように過ごすと、バランスが保てるかもしれない。

  • 大きな公園で散歩したり、ドライブしてみる
    2人でゆっくりとしたデートを楽しむことで、社会復帰や新しいことに挑戦するための鋭気を養い、その準備で溜まっているかもしれないストレスを発散させよう。

  • ショッピングに出かける
    うつ病後期とはいえ、人が多いショッピングはやや負担が大きいかもしれない。しかし、特に女性の場合は新しい洋服や雑貨などを見てわくわくした気持ちを味わうことも1つのこころのストレッチになる(ウィンドウショッピングでOK)。ゆっくりとお茶休憩などを挟みながら、ショッピングを楽しんでみよう。

うつ病後期(回復期)のデート体験談はこちら

上へ