うつペディア

みんなで情報をあつめるという特性上、情報の正確性は保証できません

Revised on 2012年10月13日(土) 22時36分34秒 +0900 by <Unknown>
「U2plus」サービス移管のお知らせ

オーバードーズ(OD)の体験談

  • 就寝前にハルシオンを20錠飲んだことがある。自殺願望はなかった。友人と会って楽しく過ごした日、数日後に大学の始業を控えていたという状況で、明確な理由は自分でもわからない。母曰く、丸1日眠りつづけ、一度ふらふらの状態でトイレに行こうとして動けずにいたらしい。翌々日意識がはっきりし普通の状態に戻ったが、1日分記憶がなかった。ODをきっかけに医者に行こうと決意した。(抑うつ、適応障害:1年9ヶ月)

  • 鬱で気分が落ち込み過ぎ、リストカットや暴飲暴食をした後あー、またやっちゃったと思いODをしていました。量はパキシル20錠+パルギン10錠。1日半近く寝てしまい、体はだるいし意識は朦朧し自分自身よくわからなくなってきて死んでもいいかも?という考えにまで至りました。もうこんな思いは二度としたくないと今は思います。(うつ病歴4年)

  • 親と衝突したあと、手元にあった睡眠薬を全部飲んで死のうと思いました。薬の種類は忘れましたが、レンドルミンかマイスリーだったかと思います。水を取りに行って親と顔を合わせるのも嫌だったので水なしで飲みこんでいたのですが、途中で疲れてきた&眠くなってどうでもよくなってきたので、そのまま眠りました。丸2日眠り、3日目の朝に目覚めました。朝に起こしにきた母の話では「起き上がろうとして起き上がれずにもがいていた」「寝ぼけているのではなく、明らかに意識がないと分かる状態」だったそうです。
    当時の主治医には、意識がない状態で薬を吐き出そうとして気管が詰まる等の事故が起こる可能性もあるので、絶対にODしないようにと言われました。(通院歴10年)

  • ふと寂しさ・虚無感を感じ、気分も落ち込み続けたときに、これから生きていく自信が無くなりODしました。パキシルを30錠近く飲んだ後の吐き気は非常に辛いですが、寝て起きても意識が朦朧とし、嫌な記憶が無くなることを一つの楽しみにしていました。今考えると恐ろしいことをしていました。(うつ病歴4年)

上へ