うつペディア

みんなで情報をあつめるという特性上、情報の正確性は保証できません

Revised on 2012年05月23日(水) 22時15分03秒 +0900 by <Unknown>
「U2plus」サービス移管のお知らせ

サイレース

概要

睡眠薬の中でも比較的安全性が高く、効き目も良いといわれている。翌朝に不快な症状が出にくいともいわれている。
「中間型」の睡眠薬なので、血中濃度半減期は約7時間。よって7〜8時間は効くといわれる。
併売品としてロヒプノール、ジェネリック医薬品としては「ビビットエース(辰巳化学)」「フルトラース(シオノケミカル)」「フルニトラゼパム「アメル」(共和薬品)」などが販売されている。
成人は通常、1〜2mgの錠剤を就寝前に服用する。例外として2mgの注射液の規格もある。

注意事項

他の睡眠薬と同様に、アルコールを飲むのは避けること。また、薬の効果を弱めるので服用前のカフェイン摂取も避けた方がよい。仮眠前に服用するのは好ましくない。
妊娠中の服用はなるべく避けた方がよい。授乳中の場合も、医師と相談して服用するならば授乳を中止するのが基本。
重症筋無力症や急性の緑内障を起こしている人には使用できない。喘息や肺性心など呼吸器系に病気のある人も、症状によっては医師と相談の上慎重に使用する必要がある。心臓病、肝臓病、腎臓病、脳に病気のある人、高齢の人についても同様。
またサイレース(フルニトラゼパム)は、アメリカでは認可されていない。アメリカでポピュラーな解熱鎮痛成分「アスピリン」との飲みあわせが非常に悪く、併用することで重篤な副作用が発生する可能性があるため、麻薬扱いとなっている様子。そのためアメリカには持ち込めないので、服用する人は旅行の際に注意が必要。

副作用

サイレースは安全性が高く、正しく服用すれば副作用もほとんどないが、人によっては翌朝に眠気やふらつき、倦怠感や脱力感などが残ることがある。
特殊な事例として、一過性前向性健忘やもうろう状態の発現が報告されている。(服薬後寝るまでの出来事を覚えていない、夜間起床時の行動を覚えていない、など)また、長期に多めの量を飲み続けると依存が生じることもある。

上へ