うつペディア

みんなで情報をあつめるという特性上、情報の正確性は保証できません

Revised on 2012年06月07日(木) 13時00分57秒 +0900 by youutubu_U2plus
「U2plus」サービス移管のお知らせ

セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)

概要

SSRIよりも、抗うつ作用が強く、効き始めが早いと考えられている。副作用が少ないのも特徴。SSRIにみられる飲み始めの吐き気や嘔吐もほとんどない。

副作用

吐き気、食欲不振、口の渇き、便秘、下痢、眠気、めまい、頭痛、だるい、ふるえ性機能異常、性欲低下、尿が出にくい、動悸、目がまぶしい、味覚異常、発疹、発赤、かゆみ

重度の副作用として、悪性症候群(筋肉の硬直、意識障害、発熱、発汗、頻脈、けいれん発作)

参考:セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)の体験談

上へ