うつペディア

みんなで情報をあつめるという特性上、情報の正確性は保証できません

Revised on 2012年06月07日(木) 12時47分01秒 +0900 by youutubu_U2plus
「U2plus」サービス移管のお知らせ

ベンゾジアゼピン系

概要

ベンゾジアゼピン系は意識や、高次機能に対する影響は少なく、薬物依存形成作用も少ない。 情動中枢に選択的に作用する(呼吸中枢にはあまり影響しない)ので、 過誤や自殺目的の過量投与の際も死亡する危険性は少ない。

副作用

精神運動機能の低下 集中力、注意力の低下、眠気、ふらつき、めまい、頭痛、健忘、 構音障害(ろれつが回らない)など。 健忘作用 高用量、アルコール併用で増強されます。高力価、短時間型のものに多い。 連用中に急にやめたり、急に大量投与したりすると禁断症状が出ることがある。 精神分裂病患者では刺激興奮、錯乱などが見られる。 急性中毒は自殺目的に多量服用しても単独では成功しない。他薬やアルコール併用時は注意。

急に服薬を中断すると強い不眠や不安などの禁断症状が出る恐れがある。この症状は作用が短い(強力に出る)薬ほど強い傾向にあり、禁断症状が出やすい。

主な薬

上へ