うつペディア

みんなで情報をあつめるという特性上、情報の正確性は保証できません

Revised on 2017年07月26日(水) 19時51分39秒 +0900 by <Unknown>
「U2plus」サービス移管のお知らせ

三環系抗うつ薬の体験談

アナフラニール(塩酸クロミプラミン)の体験談

  • アモキサン服用中に症状が悪化してきたので、アナフラニールに切り替えようかと医師に言われて切り替えました。服用後、気分が落ちたり吐き気がしたり調子が悪いことが続き、私にはあわないということでアモキサンに戻しました。薬の合う合わないってあるのだなと感じました。(うつ病歴10ヶ月)

  • アナフラニールはとにかく副作用が凄いです。最低3日~5日は、動悸や立ちくらみ、食欲不振や激しい吐き気などが続き、物を食べることもままなりません。が、その副作用を超えるととにかく凄い薬です。気分は落ち込まないし、いつも明るくいられます。気分は清々しいし、脳が興奮状態にある時は街中でスキップできるくらい気分がよくなります。今の薬で効果を得られなかったり、副作用に耐える心があるならおすすめできる薬です。長期服用の後の離脱症状が割と辛いので、慎重に抜いていってください。よく医師と相談して服用することをおすすめします。(うつ病歴:3年半)

アモキサン(アモキサピン)の体験談

  • 10ヶ月ほど、25ミリ→50ミリ服用していました。インターネットで「激太りする」という書き込みをみて怖くなり、最初は服用をサボりがちでしたが、医師に相談したところ「昔から広く使われている薬で、そんな副作用はないよ」と言われ、しぶしぶ服用しました。確かに全く太りませんでした。ただ便秘の副作用が心配だったので、医師に相談して酸化マグネシウムも処方してもらってました。アモキサンは飲み始めて数日で効果が出て、気分が底上げされるというか、低空飛行だった気分が良くなりました。やる気を出すお薬のようで、アモキサンを飲み始めてから活動的になったように感じます。1ヶ月前に減薬して今は服用していませんが、離脱症状もほとんどありませんでした。(うつ病歴:10ヶ月)

  • 私はアモキサンを服用した4か月間で、体重が約10kg増えました。原因のすべてがアモキサンの副作用であるとは言いきれませんが、太りやすい方は注意が必要です。離脱症状はありませんでした。(うつ病歴1年半)

  • 私は体重が10Kgくらい増えました。先生にお伝えして他の処方をお願いしたのですが運動が足りないと言う事で変更して頂けなかったので他のクリニックに転院しました。(うつ歴7年1年目の時の話です)

  • 全然効かず、だるくて眠くなるだけだった。(うつ歴2年ほどのとき)

トフラニール、イミドール(塩酸イミプラミン)の体験談

トリプタノール(塩酸アミトリプチリン)の体験談

  • 一般に効き目が強力な薬らしいです。舌に乗せるとしびれる感じがして 何となく服薬していて気持ちよくない感じです。 ので、一度、他の薬に変えてもらったのですが 急に変えたからなのか?身体が動かなくなったりして苦労しました。結局1年間他の薬で様子を見たものの身体の鈍さは変わらずで 結局、又トリプタノールを服用しています。

  • 抗うつ効果は強いと一般的にいわれていて、実際に飲んだら効果を感じました。 でも副作用も多く、口渇、便秘、眠気、手の震えなどがありました。

アンプリット(ロフェプラミン)の体験談

ノリトレン(ノルトリプチリン)の体験談

  • 私には一番合っていました。 トリプタノールの副作用を軽くしたバージョンという感じがします。 口渇、便秘はあるけど、手の震えはありません。眠気は夜に飲むと丁度いいくらいの眠気がきます。

スルモンチール(トリミプラミン)の体験談

プロチアデン(ドスレピン)の体験談

アモキサンほど賦活作用はない。マイルドに長く底支えしてくれる感じ。アモキサンのカラ元気より、ゆっくりしたいという人向けかな。

  • 全然効かなかった。

上へ