うつペディア

みんなで情報をあつめるという特性上、情報の正確性は保証できません

Revised on 2012年07月25日(水) 21時42分15秒 +0900 by <Unknown>
「U2plus」サービス移管のお知らせ

四環系抗うつ薬

概要

抗うつ薬の種類の一つ。四環系とは、薬剤の分子構造中に連なった環状構造が4つあることに由来している(三環系抗うつ薬と比較のこと)。三環系やSSRI、SNRIと比較すると即効性があり、飲み始めてから4日程度で効果が発現する。

副作用

三環系と同様に、抗コリン作用による副作用(口渇、排尿困難など)を伴う場合があるが、三環系抗うつ薬に比べて軽いことが特徴とされる。

主な薬

参考:四環系抗うつ薬の体験談

上へ