うつペディア

みんなで情報をあつめるという特性上、情報の正確性は保証できません

Revised on 2013年08月09日(金) 23時21分40秒 +0900 by <Unknown>
「U2plus」サービス移管のお知らせ

生活保護申請の仕方

生活保護とは国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長することを目的とし国民に対して生活保護費を支給するなどしている制度です。 しかし国が定める条件、申請基準をクリアしなければなりません。下記の条件などを見ながらあなたの要件などを確かめていきましょう。

1.働けない人

働ける人は生活保護をもらう必要がありませんので事情は必要ですよね。例えば身体的、精神的な病気、子どもが小さい等道理的に見てあきらかに働けない方が対象です。 見た目で分からない精神的な病気などは医師の診断書など物理的な証明がなければ難しいと思います。

2.預金、土地、車など資産がある人

財産があるひとはそれを売ればお金になりますよね。 預金があればそれを使えばよいですよね。 そういう人は当然申請はできないです。 しかし車などもその一つですから気をつけましょう。

3.親族など助けてくれる人がいない

基本的に親族は扶養の義務がありますので資力があるのに助けないのはおかしいというわけです。強制ではありませんが当然親族の方には確認書類で通達があります。

4.収入が最低基準以下か

収入が生活保護制度の最低基準以下か計算します。 それ以上であれば当然もらえません。 生活できるという判断となります。

これらを地域の担当が判断し始めて申請できるわけですね。 申請される方はこういった事を理解したうえで相談に行くとスムーズに事が運ぶと思います。 参考にしてください。 後はケースバイケースで各事例ごとに担当者の判断となることでしょう。


生活保護を受けるための要件及び生活保護の内容

1.働けない人 働ける人は生活保護をもらう必要がありませんので事情は必要ですよね。例えば身体的、精神的な病気、子どもが小さい等道理的に見てあきらかに働けない方が対象です。見た目で分からない精神的な病気などは医師の診断書など物理的な証明がなければ難しいと思います。

2.預金、土地、車など資産がある人 預貯金、生活に利用されていない土地・家屋等があれば売却等し生活費に充てる必要があります。車などもその一つですから気をつけましょう。 また、年金や手当など他の制度で給付を受けることができる場合は、まずそれらを活用することになります。

3.親族など助けてくれる人がいない 基本的に親族は扶養の義務がありますので、親族等から援助を受けることができる場合は、その援助を受けることになります。強制ではありませんが当然親族の方には確認書類で通達があります。

4.収入が最低基準以下か 世帯の収入と厚生労働大臣の定める基準で計算される最低生活費を比較して、収入が最低生活費に満たない場合に、保護が適用されます。
お住まいの地域の級地を確認 [pdf 212KB]
生活扶助基準額について [pdf 127KB]



相談・申請窓口

生活保護の相談・申請窓口は、現在お住まいの地域を所管する福祉事務所の生活保護担当です。福祉事務所は、市(区)部では市(区)が、町村部では都道府県が設置しています。

(注)福祉事務所を設置していない町村にお住まいの方は、町村役場でも申請の手続を行うことができます。 (注)一部、福祉事務所を設置している町村もあります。

生活保護の申請をされた方については、保護の決定のために以下のような調査を実施します。 - 生活状況等を把握するための実地調査(家庭訪問等)
- 預貯金、保険、不動産等の資産調査
- 扶養義務者による扶養(仕送り等の援助)の可否の調査
- 年金等の社会保障給付、就労収入等の調査
- 就労の可能性の調査


相談・申請に必要な書類

生活保護の申請にあたっては、必要な書類は特別ありませんが、生活保護制度の仕組みや各種社会保障施策等の活用について十分な説明を行うためにも、生活保護担当窓口での事前の相談が大切です。 なお、生活保護の申請をした後の調査において、世帯の収入・資産等の状況がわかる資料(通帳の写しや給与明細等)を提出が必要となる場合があります。

上へ