うつペディア

みんなで情報をあつめるという特性上、情報の正確性は保証できません

Revised on 2012年07月29日(日) 16時30分52秒 +0900 by <Unknown>
「U2plus」サービス移管のお知らせ

病気・薬に関する書籍

うつ病について知りたい

『マンガでわかる心療内科』ゆうきゆう著 少年画報社

  • うつだけじゃないですが、カウンセリングの先生に勧められた「マンガでわかる心療内科」が面白おかしく、ためになることが書いてありました。
  • 下ネタが苦手なひとは読めないかも…一部WEB公開しているので心配な方はチェック。

『ツレがうつになりまして』細川 貂々 幻冬舎

  • マンガだから分かりやすいし、基本的なことが分かってよかったです。1人じゃないんだなって思えます。
  • シリーズ 家族向け。本人なら回復期の初期から読めそう。文庫で出ているのでお手頃。

『こんなツレでゴメンナサイ。』望月昭著 文芸春秋 2006

  • ツレうつのその後も含めて旦那さん側から描かれたエッセイ。手軽に読める。

『自分の「うつ」を治した精神科医の方法』宮島 賢也著 河出書房新社

『うつ病の真実』野村総一郎著 日本評論社

『うつと気分障害』岡田尊司著 幻冬舎新書

『軽症うつ病』笠原嘉著 講談社現代新書

『「うつ」な人ほど強く優しくなれる』 野口敬著 明日香出版社 2006

『うつな人ほど成功できる』 浜田幸一著 あさ出版 2011

向精神薬について知りたい

『精神科の薬がわかる本第2版』姫井 昭男著 医学書院

  • うつ病で処方される抗うつ薬、睡眠薬の種類、作用の仕組み、副作用がわかる。 その他に抗精神病薬、抗てんかん薬、老年期に使う薬などを網羅している。 図書館で借りても良い。

再発予防について知りたい

『うつ病の再発・再燃を防ぐためのステップガイド』野村 総一郎、 林 建郎著 星和書店

  • 本人向けなら回復期後期。もしくは家族向けか。発症から治療、快復そして再燃を防ぐための様々な手法を網羅。

上へ