うつペディア

みんなで情報をあつめるという特性上、情報の正確性は保証できません

Revised on 2012年06月09日(土) 21時08分45秒 +0900 by youutubu_U2plus
「U2plus」サービス移管のお知らせ

知人に紹介してもらった方の体験談

  • 学校の先生の一人が通院患者で、通院を勧めてくださった。 最初の病院はその先生と同じところで、 次の病院は退学帰省に伴ったものだったが、信用や入院施設の問題で今の病院に通っている。(うつ病歴10年程度)

  • 通っていた高校に月に一度来る精神科医に相談後、その医者から私の家から通える病院を紹介してもらいました。(うつ病歴1年半)

  • とにかく幾たびに薬の量と種類が増えていくので不信感を持っていた。会社の同僚が「実は自分もうつ病で、今の先生はいいよ」と教えてくれたので、転院しました。紹介状が必要と言われたので、当時かかっていた主治医になんとかお願いして(嫌そうだったけど)今のところに通っています。(うつ病歴2年)

  • 父がかつて通っていた心療内科兼内科に行き、薬を飲むも、治る傾向なし、患者のプライバシーが守られていない環境の病院なのが嫌だった。その後、内科を掲げているが、学生時代は心療内科を専攻していた知り合いの先生にお世話になった。しかし、その先生の力量にも限界がきて、先生の信頼する心療内科医を紹介してもらい、今に至る。(うつ病暦5年)

  • 高校生だったので、養護教諭の紹介で、卒業生が院長をやっている高校の近くのクリニックに行きました。親の付き添い付きで初診に行ったところ、その先生が親の同級生だったことが発覚!親も同じ高校だったので… 若干気まずかったこと、家から遠かったこともあり、卒業を機に転院しました。(通院歴10年)

上へ