うつペディア

みんなで情報をあつめるという特性上、情報の正確性は保証できません

Revised on 2012年06月15日(金) 16時42分57秒 +0900 by <Unknown>
「U2plus」サービス移管のお知らせ

薬が合わないときには

抗うつ薬など精神疾患に関わる薬は、服用し始めてすぐに効果が現れるものは少ない。一般的に抗うつ薬の効果を感じられるのは服用から2週間程度はかかるといわれている。また、抗うつ薬は飲みはじめてすぐの頃(1~2週間)は薬の効果よりも副作用のほうが強く出る傾向もある。

これらのことを考慮のうえで、以下の点で困った場合は医師または薬剤師に相談すること。

病院で直接相談するのが望ましいが、予約が取れなかったり、体調が悪い・忙しくて行けない場合は、電話でもよいので連絡するとよい。

副作用の症状が出て辛い

処方された薬の副作用(眠気、めまい、ふらつき、胃のむかつき等薬によって異なる)と思われる症状が出て辛いと感じる

  • 薬を服用する前と後で体の異変や不調を感じたら、医師もしくは薬剤師に相談しよう。
  • 服用をとめることでうつ病の症状が悪化する懸念もあるので、勝手な判断で服用をやめることは避けること。
  • 新しく薬を飲みはじめて1~2週間の頃は薬の効果より副作用の方が強くでるので、合う/合わないを判断するのは拙速かもしれないが、抗うつ剤・抗不安薬ともに様々な種類のものが製造されているので、副作用が辛いと感じたら気兼ねすることなく医師に相談しよう。
  • インターネットや書籍などで服用している薬の副作用について調べることができるので、処方された薬について予めどのような副作用が出るか調べておくと、体の異変や不調に日ごろから配慮できるかもしれない。
    ※ブラセポ(偽薬効果)は副作用に関しても現れるため、事前に副作用について知ることで副作用が現れやすくなるという研究もある。

★副作用や疑問などに適切にアドバイスや答えを納得が行く様に説明をしてくれるドクターが望ましいと思います。【うつ歴7年】

★【お薬手帳】を活用しましょう。大概の薬局で無料でくれます。そこに、本日の処方薬を記載またはシール式で貼ってくれます。これは、服薬の貴重な記録となります。いつどんな薬を服薬していたか。が判りますのであると便利だと思います。

うつ病の症状が改善されない

  • 薬を飲みはじめて1ヶ月近く経過しても抑うつ症状や、心身の疲労感、希死念慮などの症状が一向におさまらずに辛いと感じる場合は、薬との相性が良くない可能性もあるので、医師や薬剤師に相談するとよい。
  • 薬の変更は医師が判断するので、どのような症状が出て辛いのか、薬を飲みはじめてから変化はあったか、副作用はあったか、などを伝えるとよい。

上へ