うつペディア

みんなで情報をあつめるという特性上、情報の正確性は保証できません

Revised on 2012年07月29日(日) 16時23分12秒 +0900 by <Unknown>
「U2plus」サービス移管のお知らせ

食べ過ぎてしまう(過食)

概要

うつ病になってから、「つい食べ過ぎてしまう」、「何かを食べたいという欲求を抑えきれない」、「甘いものが食べたくて仕方がない」といったことに悩む方は少なくない。こうした症状は、うつ病の1つの症状、もしくは服用している薬の副作用が生じていると判断できる。過食の定義には3点あり、そのうち1点でも該当するものがあれば、過食症状が出ていると判断できる。


過食症状の定義

  • 食欲増進
    週3回以上、食べる事に対して過剰な衝撃が生じた場合。

  • 過剰摂取
    食欲と関係無く週2回以上度を越して食べる。余分な軽食を毎日摂る。1日に数回軽食をとる日が週3回以上ある時

  • 体重増加
    体重が3カ月で5kg以上増加した場合。

原因

過食症状の原因として、不安、抑うつ状態、ストレスがあげられる。


過食の原理

そもそもうつ病は脳内の神経伝達物質が減少することで何らかの機能障害を起こして発症する。そして、治療の一環として減少した神経伝達物質を抗うつ薬などの薬によって補っている。炭水化物には適度に摂取することにより神経伝達物質を増加させる働きがあり、甘いものやご飯・パンといった炭水化物を摂取することにより抑うつ状態が解消される。こうして過食症状が引き起こされると考えられており、過食症状は身体が抑うつ状態を解消するために起こす、防衛本能の1つといえるかもしれない。また、服用している薬の副作用で、過食を引き起こしやすいと言われているものもある。とはいえ、薬の副作用による影響には個人差があり、一概にこれが原因と断定することは難しい。


過食を引き起こす作用を持つ薬

【抗うつ薬】

デプロメール、ルボックス、イミドール、トフラニール、デジレル、アナフラニール、ルジオミール、テトラミド

【抗不安薬】

リボトリール、ランドセン

【抗精神病薬】

プロビタン、ジプレキサ、コントミン、ウインタミン、スピロピタン、アピリット、ドグマチール、ミラドール 、ロシゾピロン、セレネース、リントン、ケセラン、ハロステン、オーラップ、セロクエル、ニューレプチル、アパミ、PZC、トリオミン、トリラホン、ヒルネミン、レボトミン、リフレックス、レメロン、リスパダール

【感情調整薬】

リーマス、バレリン、デパゲン


対策としてできること

より満腹感を得られる食べ方を心がける

  • 食物繊維をとる
    ごぼう・イモ類・豆類・果物などを多く含むものを食べることで、エネルギーの吸収を遅らせたり、便秘などの症状を防ぐことができる

  • 噛む回数を増やす
    意識的に噛む回数を増やすほか、普段より大きめに野菜などを切り調理する、野菜やパスタなどをいつもより少し硬めに茹でるなど調理の過程で工夫することで、自然に噛む回数を増やすことができる。

  • ゆっくり食べる
    満腹中枢が刺激されることで、人は満腹感・満足感を感じることができるが、満腹中枢が刺激されるまでは一定の時間がかかることが分かっている。それまでに食事を終えてしまうと満足感を得られず食べ過ぎに繋がってしまうので、意識的に食事時間を長めにとり、20~30分かけてゆっくりと食べると、満足感を得ることができ、間食を減らすことに繋がる。


間食の摂り方や選び方を工夫する

  • 間食は1日1回、昼間に食べる
    間食は昼間に食べた方が、夕食後に食べるよりもエネルギーが消費されやすいので、体重増加に繋がりにくいと考えられる。

  • お菓子から果物に、洋菓子から和菓子に
    お菓子=油や砂糖の塊と捉えることもでき、これらを同じ甘いものでも牛乳や果物(カルシウム・ビタミン・ミネラルを含む)に変えるだけでも効果がある。また、お菓子を食べるときにも、洋菓子(卵・バターを多く含んでいる)ではなく、和菓子(バター・卵などのコレステロール源が含まれていない)ように心がけるとよい。

  • お菓子は大袋より小袋を
    食べたいものを我慢すると余計にストレスを感じてしまうという場合は、食べる量が予め少なめに設定されているものを選択することで、食べすぎを抑制できる。

  • 飲み物は水かお茶
    飲料には想像以上に多くの砂糖が含まれている。(例:ステックシュガー(3g/本)→乳飲料(60ml):4本・炭酸飲料:12~14本)。摂取カロリーを抑えるには、お菓子を我慢せずとも、まず飲み物を水やお茶など糖分が含まれていないものに変えるだけでも、効果が期待できる。今まで炭酸飲料を飲んでいて、どうしてもやめられない場合は0kcalのものにするだけでもカロリーダウンになる。コーヒーも砂糖入りを微糖もしくは無糖に変える。
    ※カロリーダウンだからと言って安心して量を多く摂ってしまったら意味がない。また、0kcalや微糖だと味が落ちるため、どうしてもおいしい方が良ければ今までよりも量を減らせばO.K!

上へ